カテゴリー
薬膳

奈良・橿原・大和八木の占い相談 春の七草と七草粥

こんにちは。今年はじめての投稿になります。今年もよろしくお願い致します。❤️

早いもので今日はもう松の内最終日の7日ですね。
家族はみんなもう動き出しているのですが、
私だけがいつまでもお正月気分が抜けていないというか、閉塞=冬眠のような日々を過ごしています😰

また、ごちそうを食べ過ぎて胃もたれぎみなんてことはありませんか?そう、それは私のことです笑笑

そんなときには、お粥で疲れた脾を整えてはいかがでしょうか。

諸説あるようですが、平安時代に中国の風習、文化が日本に伝わり、江戸時代に広がり定着した風習のようです。

ところで、みなさんは春の七草を言えますか?
お恥ずかしい話ですが、私が覚えたのは子どもを通じてです😅

子どもの小学校の担任の先生が、とても音読、暗唱に熱心な先生で、子どもが5・7・5・7・7調で毎日口ずさんでいたので、一緒に覚えてしまいました笑笑

ご存じの方もお付き合い下さい🙇🏻‍♂️

*セリ 甘苦・涼・肝、肺、膀胱、清熱利水、
涼血、止帯、平肝、解毒
*ナズナ  甘淡・涼・肝、腎、膀胱、涼血止血、
清熱、利水 
*ゴギョウ 甘平・肺・化痰止咳
*ハコベラ 甘鹹・平・脾胃、活血去瘀
*ほとけのざ 健胃・高血圧効果
*スズナ   甘苦辛・温・脾、肺、消食、解毒
*スズシロ  辛甘・涼・肺・脾

そしてお米!お米は季節のめぐりがあります。
自然の甘みであり土=脾となります。

体にやさしい七草粥みなさんも召し上がって無病息災を。

五行象カウンセラー茄美では、ご自身の五行と設計図から、季節、薬膳おおりまぜながら、開運アドバイスをさせていただきます。

カテゴリー
薬膳 養生

奈良・橿原・大和八木の占い相談 五行と薬膳

先日、ご近所の方から鬼柚子をいただきました。

はじめは床の間に飾っていたのですが、花より団子の我が家では
「さあ、何にして食べようかな?」
となりまして、お砂糖控えめで柚子ピールを作ってみました。

さて、柚子ですが、味は甘・苦 性質は皮が温、果肉が寒です。
帰経は脾・肺
効能は健脾消食・止咳化痰・解酒
適応症は食欲不振・消化不良・咳・痰多・二日酔い

この季節ぴったりですね。

私のお気に入りは、3時のおやつや小腹がすいた時に、ストレートの紅茶と一緒にいただくことです。☕️

もちろん、やめられない、止まらないになるので、食べ過ぎ注意です笑笑

それぞれの五行バランスを知ることによって、いろいろな食材にも意識を持っていただき、季節の巡りを感じ、感謝して過ごしてほしいと願っています。