カテゴリー
その他

奈良・橿原・大和八木の占い相談 五行と薬膳

立冬になりこよみでは冬に入りました。

今朝、何気なくテレビを見ていると、神宮外苑のイチョウ並木の前から中継をしていました。私の実家の近くには、たくさんのイチョウがあります。

小さいころは、祖母と一緒に銀杏拾いに行きました。
「素手でさわるとかぶれる。」といわれながら、
必死になって拾ったものです。

家に帰ってから、実を取りたねをだし、洗って天日干しにします。
あの強烈なにおいとの戦いでした(笑)

私にとって、こどもの頃は茶わん蒸しの脇役でしかなかった銀杏ですが、
今無性に食べたくなる時があります。

私のお気に入りは殻に少し割れ目を入れて、封筒に入れて、お塩をパラパラ、
電子レンジででチンです(笑)

さて、銀杏ですが、味は甘・苦 性質は平です。
潤肺、鎮咳、去痰作用があり、漢方薬にも配合されているものがあります。

ただし、毒性があるので食べ過ぎは禁物です!
銀杏中毒になってしまうんです。

五行では、肺は金に属します。金を意識した方が開運にいい方には、おすすめの食材ではありますが、いくらいいからといって、毎日とかはおやめください。そして、適量も忘れずに。

日本には四季があり旬の食材を楽しむ機会がたくさんあります。
みなさんも季節のめぐりとともに、お過ごしください。

五行象カウンセラー茄美ではご自身の五行バランスに寄り添い、開運アドバイスをさせていただきます。



カテゴリー
その他

奈良・橿原・大和八木の占い相談 雷水解

周易は、儒教の経典でもある「易経」に基づいて占う術です。

64からなる卦と6つの爻は陰陽・森羅万象を表し人の行くべき道を示します。

今抱えているお悩みの現状、
どうなるかの未来、
うらにある問題点などから、

どうするべきかを導きだします。

今はまさに大学入試の総合型選抜の時期だそうです。我が家のこども達の時代には、ない試験形式で、お聞きしたときにどのようなものかと?でしたが、ひと昔前の、AO入試に近い試験かな?と思いました。

志願理由書なるものを提出しなくてはならないそうで、ご息女が文章を考え書き上げ、学校の先生に添削していただいていたそうですが、複数の先生に添削してもらったところ、どの先生も添削基準が違うそうで、何通りが書く内に頭がこんがらがってどうにも、こうにもというお話でした。

ご息女の気質・体質を五行からお伝えし、ご持参いただいた書類を拝見させていただきました。どれも確かに甲乙つけがたいものでした。

そこで、それぞれの案に対して、易をたてました。その中の一つに対して出た卦が、雷水解です。

雷水解は、春の雷が雪解けをうながすということから、緊張から解放され、
いままでの苦労が報われるという意味があります。

「大丈夫!B案で行きましょう!」

そう、申し上げました。

こうして、ご縁をいただいた方には
心から幸せになってほしい。と願っています。

カテゴリー
その他 たわごと

奈良・橿原・大和八木の占い相談 Happiness is …

土用が終わり、季節は夏になりました😀
以前、土用の間はいつも少し、しんどかったりつらかったり、私にとってチャレンジの時なのですが、夏=火は私にとっては財の時期に当たります。財とは、人、物、情報、お金などがこれに当たります。元々財のない私にとってこの時期は、上記の事柄で急に忙しくなったり、振り回されたりしています💦💦
例えるなら、江戸時代の町人の様にせわしない日々を過ごす感じでしょうか?(笑)

そんな毎日を過ごしていますが、先日SNSで素敵な記事をネットで見つけました。以下引用です。

When I was 5 years old, my mother told me that happiness was the key to life. When I went to school, they asked me what I wanted to be when I grew up. I wrote down “happy.” They told me I didn’t understand the assignment, and I told them they didn’t understand life.

By John Lennon

To cite from Bright Side of Love


私の解釈が正しいかわかりませんが、このせわしない今の日常生活が、家族のために動いているなら、ジョンレノンの母親が息子に言った”人生のカギ=幸福”かなあ?家族が、毎日明るく、前向きに過ごしていることを、サポートできる。そんな平凡な日常=普通が一番難しいのだから。。。(そう、私は単純なんです💦💦)みなさんも自分のHappiness is …を考えてみませんか。きっと、心のなかで何かが動き出して、背中を推してくれますよ。